レコード掘った郎の岡山ボルダリング日記(海外レコード通販はお休み)

岡山で生活し始めて約1年。ボルダリングやマラソンにどっぷりハマってしまった男の、ゆるい岡山暮らし日記

普通の日常 レコードのコンディション表記について

この前、レコ屋でレコードを掘ってるときに

大学生くらいの学生が

「EXって何?」って友人と会話していました

 

「エクセレントの略だよ〜」って思いながら聞いてましたが

よくよく考えるとお店によって

微妙に表記が異なるので、とりあえずまとめました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

簡単なコンディション表

M(Mint):        新品のレコード(盤の場合、未開封が必須)

NM(Near Mint):     綺麗(美品)なレコード

〜〜〜〜〜〜〜〜〜盤質を気にする奴らの最終妥協点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Ex(Excellent Plus):    薄い擦れや軽いノイズがあるものの

              聴くうえでは全く問題ないレコード

〜〜〜〜〜〜〜〜〜普通の人が聞いて違和感無く聞ける〜〜〜〜〜〜〜〜〜

VG(Very Good Plus):   見た目に傷が見えたり、カビがあったり

              ノイズが入る部分が所々あったりするレコード

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜以下、越えられない壁〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

G(Good):        かなりひどいノイズがあったり、傷があるレコード

P(Poor):        針飛びや再生不能の部分があったりするレコード

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

みたいな感じです

 

サイトごとにそれぞれコンディション表記には特徴があって

EXがそもそも無いお店や、

VG+がNMと同じ意味のお店

PoorのかわりにF(Fair)が使われるお店など

色々有るので、購入前には注意が必要です

 

というのも

某サイトで欲しいレコードの表記がVG+とあったので

「よし!買いだ!」と思い、購入しようとすると

購入の直前でそのサイトのVGが、

他店のPとかGにあたることに気がつき、

購入を急いで止めたことが私はありました

 

まぁとりあえず、色々上記に書いていますが

ずっとレコード買ってたらイヤでも覚えるので

安心してレコードを買い続けて下さい

 

::::::::::::::::::::::::::::

いいケツしたねーちゃんに目を奪われるけど、

同じくらい楽曲もすごく良いです

 


50 Cent - Just A Lil Bit (Av.i Remix) - YouTube