読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レコード掘った郎の岡山ボルダリング日記(海外レコード通販はお休み)

岡山で生活し始めて約1年。ボルダリングやマラソンにどっぷりハマってしまった男の、ゆるい岡山暮らし日記

ボルダリング 〜初めてのボルダリングで知った事〜

初めてのボルダリングの感想は、筋肉痛が凄まじい。

 

初めてボルダリングをした時のことは

強烈に印象に残っています。

 

「筋肉痛が凄いな!」

 

これがその時、私が強く感じた印象です。

 

 

 

岡山のグラビティリサーチには

初心者体験コースという

格安の値段で90分間ボルダリングができる

初めての人専用の料金コースがあります。

(公式ホームページには載っていないけど、

当時はキャンペーンでこういう料金コースがありました。)

http://www.gravity-research.jp/shop/okayama/

 

そして私も例に漏れず、そのコースで

90分間のみボルダリングを行ったのですが、

90分も経たないうちに

ボルダリングができなくなってしまいました

 

 

では、なぜボルダリングが出来なくなったのでしょう?

 

 

理由は単純です

 

登れなくなるほど疲れたからです

 

しかしここで私が言っている「疲れた」とは

マラソンした後のような、全身の疲れとは少し違います。

 

部分的な疲れ、つまり筋肉痛により登れなくなったのです

そしてその疲れた部位というのが

 

前腕!!

 

⬇️この部分です。

welq.jp

 

 

 

 

ボルダリングをしたことがある人にとっては

当たり前なのですが

ボルダリングは腕の筋肉を使う競技”です。

 

そりゃあ冷静になって考えたら

腕の筋肉を使うに決まっています。

 

「ホールドに手をかけて、上に登る」

という動作をするわけですから

“身体を引き上げる力”

“ホールドを握る力”

“不安定な体勢をキープする力”

といった、

総合的な腕の筋肉を使うのは容易に想像できます。

 

 

しかし当時の自分は、

「小学生のときにしていた木登りと同じだろう」と

簡単に考えていたので、

筋肉痛の事などイメージすらしていませんでした。

 

 

そして凄まじい筋肉痛。。。

 

初めてボルダリングをした時は

箸がうまく持てなくなるほどの筋肉痛になり、

その筋肉痛は4日間も続きました。

 

ということで

これからボルダリングをしようと考えている方!

 

筋肉痛にだけ気をつけて下さい!!

 

 

まとめ

初めてのボルダリングは前腕部分が筋肉痛になる!!

 

:::::::::::::::::::::

ボルダリングしている時に

流れていそうな楽曲

 

www.youtube.com